お客様の声

喉がまるで新車のようでした。

IPC VOICE STUDIOのレッスン後に頂いた感想メールです。

見やすいように主に改行に手を加えさせて頂いています。

-------------------------------------------------------------

先生、こんにちは。
完全に私事なのですが、嬉しくなってしまって(笑)、報告が2つあります。
1つ目は、小声でhiG#まで出るようになりました、ということ。
2つ目は、確実に地声の音域が伸びています、ということ。

● それでは、1つ目です。

今日は、先生のボイトレを11月5日に受けてから、出来る限り毎日ボイトレを続けて、19日目になりました。
先生の著書「奇跡のボイストレーニング」の高音開発エクササイズ女性編(1)(2)、多分、hiG#までだと思いますが、小声で出るようになりました。
17日目までhiFくらいまで声が出ず、鳴りもしなかったのに、18日目から「あれ?出そうだぞ?」という認識に変わり、19日目の今日、ついに出ました。
今回は「あれ?出来そうだぞ?」と思えるまで、少しだけ長かったなあと思います。
他のことですと、7日目くらいでその感覚が訪れるからです。
地声と裏声が混ざって、ひっくり返るようにならなくなり始めたのは、先生からアドバイスを受けてから、7日目でした。
今回、ボイトレをしていてポイントがいくつかありました。
先生にとっては既知のことだとは思いますが、一応、実験の報告をさせて頂きたいと思います(笑)

(1)首を振りながらボイトレをする。

前回のレッスンで首を振りながらやってみようか、というアドバイスを頂いてから劇的に伸びました!
歌を歌いながらも首を振ると、とても良いですね。
声が出ない!と言うときは大体首や喉に力が入っているので、それを緩めながら歌うことで伸びます。
これは多分、声帯を痛めるとか痛めないとかにも関係してくると思いました。
7時間歌っていましたが、喉が枯れませんでした。

(2)身体をとにかくリラックスさせる。

喉や首に力が入るとき、肩はもちろんなのですが、ふくらはぎや太ももの後ろや、背中にも力が入るのが分かりました。
そこに整体をしながら、ほぐしながら行うと、喉の力も抜けやすいような気がしました。
整体の理論では、身体はどこか一つの筋肉が動くと、全身の筋肉が動いているそうなので、「身体全体を緩ます」ということをやっていたのですが、それと関係があるのかもしれません。
喉が動くようになればなるほど、身体も柔らかくなっていく気がしています。
リラックスって、ボイトレでも、他のことでも大切さが共通していますね。

(3)極力、垂直に喉を使う。

この表現で合っているかはわからないのですが、水平に喉を使うよりも、垂直に喉を使った方が高い声は出やすいみたいですね。
上と下で引っぱって、弦をはるようにして、高速で振動させるようにするということなのでしょうか?
それが垂直のような感覚になるのかもしれません。

(4)息は、音が出るか出ないかギリギリのところで出す。

前回のボイトレで「オ」の発生が音が大きすぎたような気がしていたので、再び初心に帰り、小さく発声をすることをとにかく心がけました。
こうすると、掠れている声もとても捉えやすくなります。
自分の声がよく聴こえるようになりました。
はい、先生の本の中に書いてありそうなことしか話せていません(笑)
自分のレベルが上がってから先生の本を読み返すと、こんなことがこんなに親切に書かれていたのか!!と思うことがたくさんありますね。

● ここから、2つ目です。

スピッツの「チェリー」が余裕で、息切れすることなく歌えるようになっていたこと。スピッツの「チェリー」はサビはhiAまでよく使うので、今までは出ませんでした。それとMr.Childrenの「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」も歌えるようになりました。

久しぶりにカラオケで歌いましたが、喉がまるで新車のようでした。
発声が変わりすぎたのか、アクセルとブレーキ加減がよく分からなくて、今までは外さなかったところで音程を外したりとか、たくさん起こりました。
感覚が変わりすぎていて、新車に慣れるのに時間がかかりました。

これは、今までよりも的確に音程が取りやすくなったのだと思います。
的確に音程が取りやすくなったことで、今までがごまかしごまかし音程をとっていたんだなと分かりましたし、今までの癖のままだと、粗がはっきりしてきて目立つような感じでした。
例えば、Cの音を取るときに、無意識にグライドしてから取る癖がありましたが、それが意識的に出来て付け外しできればいいのですが、無意識な癖なところがはっきりした感じです。
これからそういった粗の部分をより磨いて行くようにボイトレをしてみます。
最終目標はどんな歌でも歌いこなす、ですが、「あれ?割とはやく出来るかも?」と思えてきました。

長々と書いてしましたが、お忙しい中、読んで頂いて、ありがとうございました。
これからもボイトレに励んでみます!
このメールは先生が自由に編集し、ブログなどに感想文掲載など、自由に使って頂いて構いません。
これは僕自身がカウンセリングなどをしているときに感想を頂いて載せる時がとても嬉しいので、先生も同じように感じられる方でしたら、どうぞご活用ください。

-------------------------------------------------------------

普段不定期でレッスンを受講されている方ですが、今回レッスンの効果がしっかり出てくれたようで嬉しいです。
こちらこそ長文のご報告本当にありがとうございました。

今後のさらなる歌声の成長を願っております!

レッスンのお申込み、お問い合わせ
レッスンのお申込み、お問い合わせ